電脳ヒモの別館

勉強したことを淡々とメモしていきます

Python(CGI)で作った簡易単語検索アプリ

CGI (Common Gateway Interface) を用いることで、Webサーバー側でプログラムを動かすことができます。


cgi-binディレクトリを含んだディレクトリ上で

python3-m http.server --cgi 8xxx

と実行することでPythonの簡易Webサーバが起動し、ブラウザからプログラムを確認することができます。

http://localhost:8080/cgi-bin/word_count.py

ブラウザに上のようなURLを入力するとアクセスできます。

また、8080のようなポート番号は任意の数字なので8000番とかでも大丈夫です。


Pythonを使って、小説などの文字がたくさん書かれた文章の中から調べたい単語の個数を数えるプログラムを作りました。

正直Wordの検索機能で代替できるようなゴミアプリですが、暇だったので作ってみました。

青空文庫から太宰治人間失格の文章をとってきて、txtファイルに文章をコピーしました。

ディレクトリ構成は以下のようになっています。

f:id:at25250410:20190428205047p:plain


実際に動かしてみるとこんな感じです。


f:id:at25250410:20190428203848p:plain


f:id:at25250410:20190428203931p:plain


f:id:at25250410:20190428204012p:plain


人間失格の文章が入ったtxtファイルを開いて、ブラウザから入力した文字をfindall()関数で検索します。

検索した単語が入ったリストが生成されるので、それをlen()で個数の値を取得しています。

やってることはかなり単純です。


以下ソースコードです。

#! /usr/bin/env python3
import cgi
import cgitb
import os.path
import html
import re
cgitb.enable()
# 文字化け対策
import sys
import io
sys.stdout = io.TextIOWrapper(sys.stdout.buffer, encoding='utf-8')
#自動でutf-8にエンコードされて出力される

FILE_LOG = "nigen-sikkaku.txt"

# 以下関数
def print_html1(body, sum):
    print("Content-Type: text/html; charset=utf-8")
    print("")
    print("""
<html><head><meta charset="utf-8">
<title>数</title></head><body>
<h1>文章の単語の数を数える</h1>
<div><form>
検索したい単語:<input type="text" name="body" size="40">
<input type="submit" value="検索">
<input type="hidden" name="mode" value="serach">
</form></div><hr>
[{0}]は{1}回出現しました。
</body></html>
    """.format(body, sum))
    jump('word_count.py')

def print_html2(sum):
    print("Content-Type: text/html; charset=utf-8")
    print("")
    print("""
<html><head><meta charset="utf-8">
<title>数</title></head><body>
<h1>文章の単語の数を数える</h1>
<div><form>
検索したい単語:<input type="text" name="body" size="20">
<input type="submit" value="検索">
<input type="hidden" name="mode" value="serach">
</form></div><hr>
{0}
</body></html>
    """.format(sum))
    jump('word_count.py')

def mode_read(form):
    log = ""
    if os.path.exists(FILE_LOG):
        with open(FILE_LOG, "r", encoding='utf-8') as f:
            log = f.read()
    print_html2(log)

def jump(url):
    print("")
    print('<html><head>')
    print('<meta http-equiv="refresh" contnt="0;'+url+'">')
    print('</head><body>')
    print('<a href="'+url+'">もう一度検索</a></body></html>')

def mode_serach(form):
    body = form.getvalue("body", "")
    body = html.escape(body)
    log = ""
    if os.path.exists(FILE_LOG):
        with open(FILE_LOG, "r", encoding='utf-8') as f:
            log = f.read()
    matches = re.findall(str(body), log)
    word_sum = len(matches)
    print_html1(str(body), word_sum)

def main():
    form = cgi.FieldStorage() #URLパラメータの取得
    mode = form.getvalue("mode", "read")
    if mode == "read": mode_read(form)
    elif mode == "serach": mode_serach(form)
    else: mode_read(form)

if __name__ == "__main__":
    main()